Nov 19, 2005

なぜPHPの時代がやって来ないのか

ポスト @ 19:51:25 | プログラミング,PHP

昨晩は、おととしから去年まで1年間在籍してた会社のときの同僚、siさんとアキバにて3時まで呑み、プログラミングなどの話題で盛り上がりました。

で、そこで出てた話が「なんでPHPは目立って流行ってはいないのか?」
いや、PHPを使ったサイトなど腐るほどある、というのは当然なのですが、この業界そのものや、また周辺業界(例えば今年夏まで働いてたゲーム会社)では、PHPが実務で使われている言語だということを知らないお偉方がけっこうおられるのです

siさんといろいろ話しましたが、エンタープライズ用途ならいざ知らず、MySQLやPostreSQLで済むようなレベルのアプリケーションなら、わざわざJSP使わなくても、PHPでも開発も保守も効率悪くないじゃん、PHPが「使えない」ことはほとんどないじゃん、という結論。

それでもなんでPHPの認知が悪いのか、というと、たぶん、PHPってそれこそ誰にでも書けるから、「PHP仕事でやれます」と自称する人の中で、サーバアプリのレベルまで書ける人の割合が極端に小さいからじゃないか、と勝手に想像してみました。

前のゲーム会社でも、その前のsiさんと一緒にやってた会社でも、けっこうな規模のWebアプリをバリバリ書いて動かしたり再販したりしてたわけですよ。

あぁ、プロのPHP屋として仕事いろいろしてみたいんだけどなぁ。機会ないのかなぁ。

…とか書きつつ、とりあえず今は目先のATL/WTLをこなすだけなんですけどね。笑

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://blog.izumichan.com/trackback/tb.php?id=93

Comment

No Comments

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。