Jan 28, 2009

実家のすぐ近く、柴又やぶ忠本店で鴨ぜいろ大盛り他をがっつり食らう

ポスト @ 16:13:30 | 大食い,


おととい26日、実家に寄ったついでに、母と2人で知る人ぞ知る「やぶ忠」本店に行ってきました。
ここは柴又が誇る数少ない食事処の1つらしいのですが、柴又生まれで柴又育ちの私も、当然それよか長く柴又住まいの母も、かつて1度も来たことがなかったのです。


まずは生ヱビスでのどを潤しながら、各種サイトメニューをつまみます。
鴨つくねは5本入りでアツアツに焼けてて鴨の脂たっぷり(^▽^)、お新香は椎茸の味噌漬けが絶品(☆o☆)。ただしおでんは普通(^^;;)。

味噌焼きは昆布の下敷きがぷく??っとふくれあがるのを押さえながら、香ばし??い味噌を味わえました。


ここでやぶ忠オリジナルそば焼酎の登場。もちろんボトルです。

桜海老入り薩摩揚はやっぱりアツアツで海老のエキスがたっぷり(アレルギー気にせず)。味噌田楽も蒟蒻あつあつ。


そろそろよっぱーになってきましたが、ここで焼酎味ちぇーーーーんじ!!!
蕎麦焼酎の蕎麦湯割りなのです。うすーくしないと焼酎呑めない母も、わりかし濃い目でもおいしく呑める、甘い、と大喜び。

もうこうなったらサイドメニュー全部頼め状態。天婦羅盛り、かつおたたき、鴨焼き、さらに撮り忘れましたが刺身こんにゃく。天婦羅も標準以上の揚げ具合でマンゾクです。

そして…本日のメインイベント。鴨ぜいろ大盛りです。

ご自慢の蕎麦は8割で、冷水締め具合もよく、けっこう存在感の強いのど越しが楽しめます。鴨ももうここまでさんざん食べてきましたがやっぱりうまい。そして濃ゆい汁に負けない蕎麦の風味。あくまでも個人的好みですが、これは某所のとらや(柴又の団子屋じゃなく某所の温泉宿&蕎麦屋)のよりもそばで勝ってるような気がしました。
もちろん量もごらんのとおり、直径30cmほどのせいろにがっつりの盛りで通常店の3人前以上。といってもたった3人前かよかもしれませんが(^^;;)、ここまでで焼酎も呑み切って、かなりおなかはふくれましたよ(*^O^*)


〆はそば粉アイス。蕎麦のアイスではなくて、蕎麦粉を振りかけてあるんですよ。
これまた最後に鴨の脂もさっぱり落ちて、別腹で堪能できたのでありました。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://blog.izumichan.com/trackback/tb.php?id=629

Comment

No Comments

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。