Apr 02, 2008

食めぐりツアー第3弾:盛岡三大麺のうち2つをそれなりに食べる

ポスト @ 21:53:00 | 大食い,旅・鉄・温泉,

先月23日までの鳴子&花巻の湯めぐり&食めぐり
食めぐりの第1弾はいちご狩り106つぶプレイ第2弾はそれから1時間後のマルカンデパート食い倒れでしたが、翌23日昼はまたまた花巻にて、盛岡三大麺のうちの2つ、冷麺とじゃじゃ麺を食べました、という報告です。

私、盛岡冷麺は4度ほど食べてますし、盛岡じゃじゃ麺も盛岡駅の駅そば屋さんで「ふつうのうどん」を使ったパチモンを食べてはいますので、やはりここはガッツリ食べよう、ということで、大食いカテゴリに入れる注文をしてきたのでありました。

行ったお店は、地元ではじゃじゃ麺の評価が高い「胡洞」の花巻店。

こちらには特製の激辛じゃじゃ麺というのがあるそうで、んならそちらにしてみよう、また冷麺ももちろん食べてみようと。
昼のサービスメニューとして「水餃子セット」というのがあり、これは通常300円の水餃子にお新香がついて250円になる、というもので、これも食べてみようと。笑
もち、後でチータンタンも入ってくるわけでした。

まずは水餃子セット250円で、軽く前菜です。

どちらもまずまずのお味。

続きまして、メインその1、激辛じゃじゃ麺特大800円。

まずまずの盛りであります(^^)。同行者が頼んだ小500円に比べて2.5倍くらいでしょうか。
じゃじゃ麺は味噌が命ですが、その味噌もちゃんとそのくらいの比率で増量されているのがうれしいところです。
ここに酢どばどばーっラー油どぼどぼーっと入れましたがほとんど辛くありませんでした(当社比)。でも味噌はしっかりしてて、いろいろ入れてもそれに負けてないし、ちゃんとした盛岡じゃじゃ麺を食べられてとてもシアワセでした(^O^)

で、じゃじゃ麺食べたら次はチータンタン100円。

ちときちゃないですがm(__)m、じゃじゃ麺を食べ終えた皿に生卵と味噌を加えかき混ぜて、お店の人に「チータンタン」くださいと皿を差し出すと、そこにゆで汁を足してくれましてこれがチータンタン。
かき卵スープみたいになりましたが、もっと麺残して味噌もたくさん入れるとまた別の楽しみ方ができるのでしょう。それはまた次回のお楽しみです(^^)

そしてメインその2、盛岡冷麺750円。

途中まで「やけに甘いスープだなぁ」と思いつつ麺すすってたら「そのキムチ入れるんですよ」とみなさまからご指摘いただき「そういやそーだった(^_^;;)」と大恥…
こちらのカクテキは、先の激辛じゃじゃ麺とは比べ物にならず、なかなか辛かったです(^^)/

この後、同行者が残したスープ(小どんぶり1杯分)もいただき、結局総計20分で完食です。

これで腹9分目弱くらいか。
あぁ、まだまだ大食いのレベルとしては低い低い、低すぎる! もっとがんばらねば。笑

なおこの後、1時間後には花巻名物「金婚漬」の製造元金婚亭に行き、珍名物漬け物ソフト250円をなめなめ。

たまり醤油ベースでわずかに何かの漬け物のごくごく小さいのが入ってます。思ってたよりはおいしいかも。笑

(これで3月の東北分は終了、しかし四国分の第4弾に続く)

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://blog.izumichan.com/trackback/tb.php?id=572

Comment

No Comments

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。