Jan 22, 2008

ふたたび風邪でぶっ倒れ中

ポスト @ 21:38:39 | もぶろぐ

更新お休みします、すみませんm(_ _)m

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://blog.izumichan.com/trackback/tb.php?id=554

1 Comment

お大事に

 先日、クラス会の予定をすかしたくないばかりに39.2度の熱を26時間で下げきりました。
 
 それで学んだのですが、陥りがちな勘違いながら、理由が休暇でも病気でも「休養」というのは、漠然と何もせず寝ることではなく、「仕事」と全く同じ、積極的な努力の必要な「作業」なのだと。特に60年代生まれ。特に明日のわからぬ自営業にとって。
 
 「楽になってきたから」で仕事に戻らず、体温計の数値が客観的に回復を示すまで、意識して徹底的に断固として休む。ほんとにヤバくて場外でカウント19まで使って息整える世界。
 
 枕元に肌着一式3〜4組用意し、薬と一緒に水分とカロリー補給源としてコーラを半ダースも並べ、ルル風邪ドリンクみたいな高カロリー栄養液も置いて、加湿器と暖房をかけ、厚着して布団かけて暖かくしてひたすら眠る。尿意や悪夢で目が覚めたらついでに肌着を替えてコーラで水分とカロリーを補給し、8時間おきに目覚まし時計で無理矢理目を覚まして薬を飲む。
 
 昭和30年代生まれは、もはや40代。40代は過去の自分に最も撞着しやすい、過去の自分に最も騙されやすい世代でありますゆえ、容易に自ら体調を悪化させます。もうね、本業の知人ども何人も死んでるし。
 
 「お大事に」の大事とは、字面見たまんまの状態ですので、回復後は、ちょっとでも
<やべーな>
 と思ったら、全力で休養を心がけるベシです。

From : 元・おやじ @ 2008-01-23 05:57:01 編集

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。