Feb 03, 2007

もはや落選運動しかないのか??

ポスト @ 22:17:17 | 戸田ひさよしと直接対決

いやーもう、マジサプライズでしかなかったよ昨日書いたお話!!!

まっぺん氏がなした「すべきでない事」・「してはいけない事」(緊急命令理由)

結局戸田は、自分に噛み付く奴には発言権がないということを述べているわけです。
そして、それは、一般論としては「運営法のone of them」として有り得るのは間違いなく確か。
でもさ、戸田のキャッチコピーって、「鮮烈市民派」でっせ?

市民派が、いちcitizenの、明らかに荒らしではなく、かなり配慮を含んでいる主張を、もう意味不明な論理で「出禁」にするなんて、もう、それ、ヒットラー未満だと、私は正直思うんですけど??

もう、こういう人間に対し「闘う同志への内部矛盾批判」とかで済ませられるはずはありません。
だって「同志じゃないんだから」って当事者自らが吐き捨ててるんですから。

左翼の末席の末端を汚している人間として、こういう人間が「左翼を名乗る」というおぞましい事態はもう絶望的です…もう日本の左翼なんて全部滅んでしまえ!(涙)

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://blog.izumichan.com/trackback/tb.php?id=435

2 Comments

Re: もはや落選運動しかないのか??

どうもです。最近、身内に「ネットウヨ」〜とかなんとか言われています。

まあ、私は「左」「右」なんぞより、わしらの利益を代表してくれるか否かのほうが
よっぽど重要だとゆう人間なので、「左」にはほとんど期待しておりません。
そうでなくとも、「荒らし」と「ネットウヨ」とが、ほとんど同じ意味で使われている事例を
見ますと、神経質になってるのがよーく分かります。ほとんど火薬庫ですわ。

あとはと言いますと、私めが「けんぽーだよ」とかなんとか書きましたが、痴呆と田は、
社会批評社御中やはるおちゃんの権利と、まっこうからぶつかってきた香具師です。

「左」「運動」〜なひとがまず最初に「スパイ」に神経質になるのはまあ当然でしょう。
しかし、「けんぽー」の件、言い出しっぺが私だったとゆうのは、なんとも寒いす。

と田はもはや、ヤフオクあたりに多数生息している「チュプ」レベルかと。
「終了1時間前に質問したのに返答がないからキャンセル」とか、そおゆうの。

↓「チュプ」。
http://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%A4%C1%A1%E4#i37
http://blogs.yahoo.co.jp/chupuchaser

From : 葉寺覚明 @ 2007-02-04 06:59:47 編集

Re: もはや落選運動しかないのか??

これ、今日夜くらいにエントリに起こしますがまずはこちらで要点のみ。
(1)サヨ的なものに私が期待するのは、三次会で三浦さん(右翼)が書いている趣旨にかなり近い
(2)荒らしとネットウヨはもはや完全に別物なのは誰が見ても明らか、それに気づいてない草加さんどうよ?
(3)でも「CA」本では結構同一視してます(^^;;) あの時代においてあの本的にはそれで間違いでないとは今でも思いますが、むしろ「補章」の「本当の趣旨」として、両者は本来別、というのはあるかも
(4)実はあの本にはさらに別に執筆予定者がおられたのですが、その方はより強くそういう意思だったと思われ
(5)憲法問題ですが、既成左翼とか中核派とかワーピーとかwは「国家に憲法を守らせる」「私たちが憲法(のよい部分)を護る」になるわけですが、反天連みたいなノンセク〜協商懇系極左wはそういう観点で「憲法」にはあんまし期待してないし「護る」という観点はないので、二次会で今回の問題に関して「重視されない」のも当然かと
(6)まぁでもその潮流もたまに「憲法違反の」とか言うからなぁ…苦笑
(7)そういえば戸田がメインコンテンツ内で堂々と「とある一般市民の身柄拘束をやろうと思った」と書いてますよ

From : いずみ @ 2007-02-04 09:00:32 編集

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。