Jan 28, 2007

ELPがヒナステラの許可を取りにジュネーブに飛んだ件について

ポスト @ 23:17:39 | プログレ

先日書いた、EL&Pがヒナステラから楽曲許可もらった云々の話、コメントにてプログレマニアのぽん2さんからツッコミが入りました

というわけで、「自分が持ってるCDのライナーに詳しく書いてあった」という壮絶こっ恥ずかしいオチがついた次第ですが、そうとあらば、該当部分を引用して和訳をするしかありません。笑

But "Toccata" was fraught with more than mere musical complexity. "It suddenly came to our consideration," says Emerson, "do we have the rights to put this music on our new album? I called up Ginastera's publishers and their initial reaction was 'Sorry, Ginastera will not allow any adaptation of his music. If you care to call him, here's his number.' I phoned him in Geneva and his wife, Aurora, said, 'You must come to Geneva - tomorrow.' So I rang up my manager and said, 'We're off to Geneva tomorrow!' We flew to Geneva, then drove up to his apartment block. The maid let us in, and we walked through a lavish hall setting and into the living room. There, standing at attention and dressed in a suit, almost like a bank manager, was Alberto Ginastera, ready to receive us. I was very nervous meeting the guy. Here's an international composer, very well respected and here is, in his eye, a rock'n'roll band playing his music."
"We desperately needed to get 'Toccata' on Brain Salad Surgery. If we didn't the release date would have had to have been pushed back, and we'd have had to come up with another idea. It really all hung on the permission of Ginastera and his publishers."
"I discussed with him what I'd done, then held my breath and let him listen to it. He played it on a tape recorder off and looked across at his wife in sort of disbelief and said, 'Diabolic!' I thought he meant it was diabolical - that it was bad! Because he'd been playing the tape recorder in mono, and we had a stereo tape, I jumped up and switched the deck to stereo. But he wasn't concentrating on that, he was completely bewildered by the music. He wound it back to the beginning and played it again. At the end, he said, 'That's incredible! You've captured the essence of my music, and nobody's ever done that before.' I didn't know what to say; I could've fallen through the floor. At that moment nothing else mattered to me. The order criticisms of the band meant absolutely nothing."
(from Emerson, Lake and Palmer "Brain Salad Surgery" R2 72459 (p) (c) 1973 & 1996 Leadclass Ltd., under exclusive license by Rhino Records Inc.)

これを高校時代常に英語の偏差値が30台だった(涙)私めがインチキ和訳してみました。

しかし、「トッカータ」は単に音楽的に複雑だった以上に困難な楽曲だった。「すぐに検討しなければならなくなったのです」とエマーソンは語る。「どうやってこの曲をニューアルバムに収録する版権を獲得すればいいんだろう?と。私はヒナステラさんの版権を持つ音楽出版社に電話しましたが、真っ先に『すみませんが、ヒナステラはどのような編曲も許可しないでしょう…もし電話してみようと思われるなら、電話番号はお教えします』といわれてしまいました。私はジュネーブに居るヒナステラさんに電話しましたが、奥さんであるオーロラさんは『あなたはジュネーブに来なければなりません…明日。』とおっしゃいました。そこで私はマネージャに『ジュネーブへ明日行かねばならない!』と電話しました。そして私たちはジュネーブに飛び、彼の住む団地へ車で向かいました。メイドが私たちを迎え入れてくれ、豪華な装飾の廊下を通ってリビングに入りました。そこには、スーツを着た直立不動の、まるで銀行の支店長のようなアルベルト・ヒナステラさんが居たのです。私はこの男性を前にとてもナーバスになっていました。世界中の人から尊敬を集める作曲家が、その楽曲を演奏するロックバンドを目にしているのですから。」
「私たちは是が非でも、『Brain Salad Surgery』に「トッカータ」を必要としていました。もしそれが適わなければ、発売は延期されなければならなかったし、別のアイディアを考えなければならなくなっていたでしょう。本当に、ヒナステラと音楽出版社の許可に、すべてが懸かっていたのでした。」
「私は、私がしたことを彼に説明し、息を殺しながら楽曲を聴いてもらいました。彼はテープレコーダーで曲を聴き、信じられないといった表情で奥さんを見据え、『魔性だ!』と言いました。私はこれをひどいという意味だと思いました…つまり劣悪だと言われたと! ただ、彼はテープレコーダーをモノラルで再生していましたが、私たちが持ってきたのはステレオテープなので、私は立ち上がってデッキをステレオモードにしました。彼はそれを気にしていないようでしたが、その音に完全にきょとんとした表情になりました。彼はテープを最初まで巻き戻しもう一度聴きました。そしてついに彼は『信じられない! あなたたちは私の楽曲の本質を捉えている。そしてこれまでそれを為し得た者は誰もいない。』と言いました。私は何を言ってよいのかわからなくなりました。床に転げ落ちたかもしれません。その瞬間、すべてはどうでもよくなりました。ルールをめぐるバンドへの批判はまったくなくなることとなったのです。」

というわけですべてがこの文読めば書いてありましたよ…大変失礼いたしましたm(__)m>ウィキペディアンのみなさま

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://blog.izumichan.com/trackback/tb.php?id=430

Comment

No Comments

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。