Jan 17, 2007

キース・エマーソンのピアノ協奏曲第1番第3楽章(ライブ)

ポスト @ 14:29:46 , 修正 @ Aug 21, 2009 11:18:02 | 動画サイト,プログレ

ぁっYouTubeに77年のモントリオールライブの動画が。笑

というわけでEL&Pのキース・エマーソンが自ら書いたピアノ協奏曲を、EL&Pのライブの中でフルオーケストラをバックに弾いてます、という動画です。

この曲ホントにカッコイイんですよね。というか「カッコイイ」のは第3楽章で、第1と第2は「楽しい」カンジですが。クラシックの評者の方も絶賛してますよ(ってこの方はロックの知識もよくお持ちのようですが)。

ただ、これがライブ映像になってみると…

キースは左下でピアノ弾いてます
忙しい上昇下降フレーズ、口半開きでずっと弾いてます(^o^;)
2小節だけお休み、妙に落ち着いてません
楽勝フレーズですが…スタインウェイの上には酒瓶が(笑)
弾き終えてもうなんともいえない脱力表情(^o^;)
ようやく笑顔で指揮者に挨拶(^^)

いやー、あんまり力みが入ってるキースって見たことなかったんですけど、これはもう緊張の連続でした…それだけやっぱりこの曲でなんとか「あっち側の人」をギャフンと言わさんとばかりの妙な見栄とかあったんでしょうか(^^;;)

一方、個人的にはこの演奏はカール・パーマーざんすよ。(^O^)/~

チューブラーベル
タンバリン
グロッケンシュピール

オーケストラに混じってこの3回だけチョイ登場してるのがなんとも萌え〜♪ ですが、フィナーレ前のグロッケンシュピール、これ指揮者なんか見ないでもちゃんとリズム合ってる。ってオーケストラの奏者は自分のパートの出だし以外誰も指揮者見てないとは思いますが(笑)、カールもやっぱり「いち演奏家」なんだなぁ、と、アッタリマエのことも思ってみたりして。

#この楽曲に執拗にこだわり過ぎなサイトもあります。→こちら(第3楽章がMIDIで鳴り出すのでご注意))

##最初に挙げた山尾さんのblogのご自身コメントに次のようにあります。

ELPの「展覧会の絵」には苦い思い出もあって、高校の時、音楽の時間に好きなレコード持ってきていいって言うんで、それを持っていったんですが(まあ「お前らにショパンなんかわかるわけがないよな」とかいう教師だったんで、ちょっと歩み寄って「展覧会の絵」だったんだけど)、シンセサイザーがギュイーンと鳴り出したら、「精神錯乱の音楽だな」と言われてレコードの針を上げられたってことがありました。音楽の授業、大っきらいだったなあ。

私は山尾さんとまったく逆に、音楽の授業でEL&Pを聴かされてからプログレにめざめたんですよね…ホントきっかけはいろいろあるものです。。。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://blog.izumichan.com/trackback/tb.php?id=419

2 Comments

Re: キース・エマーソンのピアノ協奏曲第1番第3楽章(ライブ)

全楽章聞いてみたいです。オーケストレーションも本人がやっているのでしょうか?(関係ないですが、以前「題名のない音楽会」で松永貴志が「宿題」という曲をオーケストラアレンジしてやってたのを何となく思い出しました…)

それにしてもいずみさんの音楽の先生は素敵ですね。私も小学校時代の音楽教師からとてもよい影響を受けましたが、そういう例は少ないような気がします。

「あっち側の人」なんて所詮、ポピュラー音楽は息抜きとしか思ってない連中ですから、こういうのは認めない人が多いことでしょう。クラシックの人たちによるポップスコンサートなんて、サイアクで聞くに耐えません。

From : ていしゃば @ 2007-01-17 22:22:59 編集

Re: キース・エマーソンのピアノ協奏曲第1番第3楽章(ライブ)

オーケストレイションは本人+ジョン・メイヤー(今の人じゃなくてジャズの人、http://www.answers.com/topic/john-mayer-jazz-artist、アルバムでは指揮もやってます)ですが、本人はオーケストレイションはもう人に任せたいみたいなことを「協奏曲第2番が出る出ない」といろいろあった頃に話していたそうです。
全楽章入ったアルバム版はロンドン・フィル演奏で、iTMSで売っています(WORKS Volume 1)。長いのでバラ売りはなくアルバムごと買うしかないようです。。。
松永貴志ってちゃんと聴いたことないのですが…なんか似てそう。

学校の授業ですが、「展覧会の絵」の「プロムナード」を、ラヴェルのオーケストラ版、トミタのシンセ版、EL&Pのロック版、最後にオリジナルのピアノソロ、と聴かせて、「どれがよかった?」と尋ね、最後に「どれも特徴を持つけど最も豊かなのは実はピアノソロ版なのよ」みたいな話で締めくくられました。アレンジメントの重要性と「それも元があってこそ」みたいな話と両方訴えたかったようでした。
上記授業は中3のときでしたが、高2のときは選択授業になってて、で選択したら最後のテストで「スキな演目でなにかするか小論文出せ」と言われ、三味線担いでって自分で弾いて録ったテープにあわせて二重奏やったらたいした出来でもなかったのに10点くれたのもよい思い出です。芸大出で、聞けば高校のときからバンドやってたとか。

From : いずみ @ 2007-01-18 13:54:32 編集

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。