Dec 08, 2005

CAtlHttpClientはボディが空のリザルトでブロックする

ポスト @ 20:40:23 | プログラミング,ATL/WTL

本日のドハマリがコレ。

とりあえずサーバとhttpで通信するってんで、ATL7にある便利クラス、CAtlHttpClientを使ってみました。おーこれはお手軽だ!

…と思ってたのも束の間。

サーバ側がテストコードをはずした途端、なぜか激重に。(u_u)

いろいろ悩んで調べたのですが、どうやら、CAtlHttpClientは空の本文を受信するとブロックするようです。
サーバ側がデバッグ出力を返していたため、データなしの場合もスムーズに進んでいたのですが、サーバ側が何も返さないと、CAtlHttpClientは「来るはずのない本文を待ってしまう」のですね。で、タイムアウトはきちんと動くので、しばらくすると制御は戻ってきて、結果として「激重に見える」というわけでした。ちゃんちゃん。

さーどうする。解決策はいくつか考えられますがどれもスマートじゃないなぁ。。。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://blog.izumichan.com/trackback/tb.php?id=111

Comment

No Comments

Post Your Comment


*は入力必須です。E-Mailは公開されません。